神戸市民生協|火災共済 再取得価額特約

火災共済
トップページ > 火災共済 > 再取得価額特約

火災共済 再取得価額特約

あなたの火災共済には、再取得価額特約が付帯されていますか?

再取得価額特約が付帯されていないと十分な保障が受けられません
  • 再取得価額特約とは…
    建物や家財の新旧を問わず、契約額を限度として、損害のあった建物や家財と同程度のものを再築、再購入するために必要な共済金をお支払いする特約です。
    当組合の火災共済では、(加入基準額の70%以上のご契約をいただくと、自動的に再取得価額特約が付帯されます。特別な手続きは不要です。
    再取得価額特約を付帯していないと、損害のあった建物や家財を再築、再購入するのに、十分な保障を受けることができません。
  • 加入基準額とは…
    建物は、1坪(3.3㎡)あたり70万円、家財は、家族お一人あたり500万円で算定しております。

再取得価額特約の付帯例

2,000万円の家を購入したAさんとBさん
Aさんは2,000万円、Bさんは1,000万円の火災共済に、それぞれ加入しました。

再取得価額特約の付帯例

ところが、不幸にもAさんの家もBさんの家も火災に遭い、それぞれ1,000万円の損害が出てしまいました。

再取得価額特約が付帯されていたAさんは損害額通り1,000万円の共済金を受け取ることができましたが、
再取得価額特約が付帯されていなかったBさんは714万円しか受け取れませんでした。

再取得価額特約の付帯例
再取得価額特約が付帯されていないと、共済金は次のような算式により支払われ、Bさんのように損害額全額が保障されません
再取得価額特約計算式

ですから、できる限り加入基準額いっぱいでご加入いただくことをお勧めします。
万が一に備え、ぜひ、この機会に契約内容の確認・見直しをお勧めします。